タイ古式マッサージの歴史

癒しの芸術、と称されるマッサージ

世界には「芸術的なマッサージ」として発展を遂げてきたものが数多くあります。身近なところでは、日本の整体・指圧、中国の鍼灸などが挙げられますが、タイ古式マッサージもまた、世界を代表する芸術的マッサージであることは言うまでもありません。

起源は、2500年前のインド

タイ古式マッサージは、今から約2500年前、仏教とともにインドからタイに伝わったと考えられています。ブッダの主治医であった「シーウォック・ゴマラバー師」が創始者と言われており、師はマッサージのみならず、薬草や鉱物などを医術的に用いる大家でもありました。その後、長い歴史の中で、サムンプライ(タイ方薬)とともに発達し、洗練されて現在に至っています。

タイ国内での歴史

タイ国内での歴史をたどると、スコータイ・アユタヤ王朝時代(1238~1782)に行きつきます。この時代の医師達は、すでにサムンプライやタイ古式マッサージを用いた診療を行っていましたが、その知識は師から弟子へと口承で受け継がれ、一般の人々がタイ伝統医学を学べる教育施設はありませんでした。

ラマ1世の時代(在位1782~1809)、旧王朝の隣にあった寺院(ワット・ポー)の壁に、仏教やサムンプライ、タイ古式マッサージの経典を彫らせたのが、タイ伝統医学における初めての一般公開であると言われています。その後、ラマ3世がワット・ポーの大改修に着手した際、誰でも自由に勉強ができるようにと、王宮の書庫に保存されてきた膨大なタイ伝統医学の経典の一部を寺院内の大理石に彫らせましたが、これはラマ1世より遥かに大規模なもの。現在も寺院の壁画にその記録を見ることができます。

ラマ5世の時代には、従来の資料を収集・改定し、後世に残るタイ伝統医学の経典「タイ伝統医学大典30巻」を作成。さらに、初のタイ方医学、現代医学の公立医学学校が設立されました。教授たちにより出版された医科学教科書は、書物として初めて一般にも公開され、タイ伝統医学教育の唯一の源流と言われています。

タイ伝統医学は、タイの文化そのもの

タイ古式マッサージは、現在、タイ国内各地の寺院やマッサージ教育施設で継承され、世界中の人々がその技術を学ぶために集まってきています。タイ伝統医学の中心として、今や世界的な認知度を誇るタイ古式マッサージですが、ラマ6世の時代には、西洋医学への傾倒からタイ伝統医学の中止が発令され、多くの医師が職を辞した「暗黒の時代」もありました。

そうした過去を経て、1900年代、地方の医師連合やバンコクの医療関連の人々により、「タイ式マッサージ復興プロジェクト」と銘打った集会がバンコクで開催されました。21世紀を迎えた現代では、国の貴重な文化として、タイ古式マッサージを守り、育むための新たな取り組みが、今まさに始まっているのです。

タイ古式マッサージの地域別の特徴

厳格なスタイルで強く深い指圧を施す「メリハリと覚醒の」バンコク式マッサージ

タイ古式マッサージの総本山「ワット・ポー」王宮寺院で継承され、世界的に知られているのがバンコク式マッサージです。タイ伝統医学の流れをくみながら、より平易で覚えやすい手技を集約したスタイルは、国内外の多くの人に親しまれ、また学ばれています。宮廷の中で育ったロイヤルマッサージをルーツとするため、施術スタイルには「厳格性」があり、クライアントとの上下関係に基づく作法や施術姿勢などが形式化。強くて深い「指圧」に重点をおき、身体の不調を根本から改善しようとするメリハリの効いたマッサージでもあります。主義の数はおよそ100で、足裏から全身へ形式に沿った手順で行われるのが一般的です。

庶民の自由な発想で生まれたストレッチの妙技「まどろみと癒しの」チェンマイ式マッサージ

別名「2人で行うヨガ」といわれるチェンマイ式マッサージは流れるような所作で行う優雅でアクロバティックなマッサージです。庶民の中で育ったランナー伝統医学の影響をうけるため、施術する者とされる者に上下関係はなく、形式にとらわれない「自由な施術スタイル」が特徴です。ゆったりとしたテンポで組体操を行うような、多彩な「ストレッチ」の技は、クライアントと施術者の双方にヨガに似た効果をもたらします。また、身体への痛みが少ないため、ウトウトとまどろむような深いリラクゼーションが得られることもチェンマイ式らしさ。300もの豊富な手技と、施術者自身が「癒され」「楽しむ」ことを追求する奥深さから、”プロ仕様のマッサージ”ともいわれます。

 

施術メニューと料金

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ042-595-7338月 12:00~20:30
火・水・木・金 12:00~23:30
土・日・祝 10:00~23:30
年中無休 ※年末年始も休まず営業しています