断食中に食べていいもの・食べてはいけないもの

お客様や友人から、ファスティングについてよく聞かれるため、多くある質問をまとめてみました。

断食中に食べてはいけない物

☆ハーブティ 0カロリーの食品は、ケトン体が出過ぎてしまい、低血糖になりやすく、危険です。

ケトン体とは、ファスティング中の脂肪燃焼の際に使われる物質で、いわゆる脂肪の燃えカスです。そしてこの脂肪の燃えカスであるケトン体が、脳や代謝を促すエネルギーとなってくれるのです。これが、断食で脂肪燃焼され、痩せるというメカニズムです。

☆たばこ ファスティングの本来の目的は、体内の解毒です。

たばこのニコチンは、言うまでもなく、デトックスの対象となりますので、副流煙も避けて下さい。

☆コーヒー カフェインは体内における酵素の働きを阻害します。交感神経を刺激するので、ファスティング中は、刺激が強いので必ず避けましょう。

☆オーガニックではない食品 農薬は解毒の対象となります。ファスティングによって解毒をしているのに、毒を入れては意味がないですよね。

ファスティング中に体内に入れて良いもの

☆ナチュラルミネラルウォーター 但し、ボイルドウォーター、水道水は避けましょう。

できれば、硬水よりも、湧水、深井戸水等が良いです。 硬水は、ミネラルの吸収が良くないからです。

☆生姜の絞り汁 (生姜入りのドリンクなら尚良し)

繊維が残らないようにしたら良いでしょう。

繊維が残ると、分解するために、消化酵素が使われるので、「代謝酵素を優位にすることで、病気やけがを治したり、痩せやすくする」といったような、本来の目的が果たせなくなります。

また、ファスティング中は、身体が冷えやすいので、身体を温めてくれる生姜は良いです。

☆有機レモン汁 ファスティングドリンクの味が微妙な時に、レモン汁を入れるとスッキリ飲めますよ。

☆天然塩 ファスティング中、気分が悪くなることがあります。特に、ファスティングを始めて3日間は、低血糖になりやすいので、激しい運動は避けて下さい。

もし気分が悪くなれば、天然塩(オススメはピンク岩塩)をひとつまみ舐めましょう。

もちろん、精製塩(塩化ナトリウム)は、化学製のものであり、デトックスの対象でございます。絶対に摂らないようにしてください。

次回は、ファスティングドリンクの選び方について書きます☆

 

タイ古式マッサージサロン スッカパープディー
東京都立川市柴崎町3-5-3 渡辺ビル401
電話:042‐595-7338

立川駅すぐ!タイ古式マッサージサロン スッカパープディー ::: 東京・立川

タイ古式マッサージ スッカパープ・ディー ::: 立川

 

「お客様の声」はこちらから

 

スッカパープディーのSNSもチェックして下さいね!