足がつる原因はマグネシウム不足

ストレス等で、ビタミン・ミネラル不足のビジネスマンやスポーツ選手。

 

寝ている時に、足がよくつる人は、いませんか?足がつることを、腓返り(こむらがえり)とも言いますが、

その原因は、マグネシウム不足がうかがえます。

 

私たちの身体が動くとき、筋肉には電気信号が流れているのですが、カルシウムは筋肉を動かす働き、マグネシウムは筋肉を弛緩させる働きがあります。

 

つまり、足の筋肉の緊張を弛めるために、マグネシウムを摂ることが必要です。

 

特に、水泳選手や海に潜るスポーツをする人は、潜っているときに、マグネシウム不足で足がつってしまったら、危険ですよね。

 

また、ストレスの多い現代人は、マグネシウムの消費が特に激しいのです。

 

マグネシウムはミネラルです。

 

どうせ摂るなら、マグネシウムだけでなく、マグネシウムを含む、ミネラルが豊富に含まれる食品を摂取したいですよね。

 

ミネラルが豊富に含まれる食品の一つに、塩があります。

 

ただし、塩にも様々な種類があります。3つ紹介しましょう。

1. 精製塩
海水から電気と膜を使って、塩化ナトリウムだけを取り出したものです。

塩化ナトリウムは化学製の塩であり、電気と膜によって精製された後は、塩が本来もつ 豊富なミネラルは取り除かれています。

 

2. 輸入塩
岩塩や、天日塩と呼ばれるものがそれです。メキシコやオーストラリア、中国製が多いそう。

 

3. 自然海塩
海から直接くみ上げ、水分を蒸発させた塩。日本古来の塩の作り方で、成分をまったく調整しない。

1の精製法では、塩に含まれる、ほとんどミネラルは失われています。化学的に精製されている塩であるため、体内では異物としてみなします。

 

よって、塩を買うときは、「塩化ナトリウム」ではなく、天然のものを選びましょう。

 

 

タイ古式マッサージサロン スッカパープディー
東京都立川市柴崎町3-5-3 渡辺ビル401
電話:042‐595-7338

立川駅すぐ!タイ古式マッサージサロン スッカパープディー ::: 東京・立川

タイ古式マッサージ スッカパープ・ディー ::: 立川

 

Follow me!